海外の転売事情がエグい!Yeezyを1年で200足売る男に、若干16歳で1億稼ぐ少年

出典:Instagram

あなたは「転売」と聞くと、どういったイメージを持ちますか?
 
日本だと、あまり良いイメージのない「転売」ですが、海外でリセラー(再販業者)という言葉は結構身近な存在で、その中でもスニーカー市場のリセラー(再販業者)の稼ぎ方が半端ない!
 
Yuanrun Zhengさん、彼は”23Penny a.k.a. Z”と呼ばれ、海外のスニーカー好きには知っている人も多い23penny.comを運営している人物。

出典:Vimeo

そんなZ氏、なんと昨年だけでYeezyを200足売ったとのこと。スニーカーの再販市場は12億ドル、Z氏はそのうちで最も稼いでいるビジネスマンの1人です。そのZ氏のミニドキュメンタリー「スニーカーブローカー」が公開されました。その動画がこちら。

 
 
そして、もう1人紹介したいのが、16歳にして昨年だけで約1億円を稼ぎ出した”Benjamin Kickz a.k.a. Sneaker Don”。


昨年、米メディアNY magで取材され話題になったKickz氏ですが、彼の顧客リストが凄すぎる!DJ KhaledやChris Brownなど、言わずと知れた超VIPが彼の顧客なんです!ラッパーのTravis Scott(トラヴィス・スコット)と取引している様子も。


個人との取引もありますが、やはり収益の多くは自身が運営しているsneakerdon.comだそうです。


元々は、母親がNIKEのAIR FOAMPOSITE ONE “GALAXY”をeBayで安く購入したのがヒントになったそうなんですが、キャリアをスタートさせたのが14歳ということを考えると、ビジネスに対する才覚が半端じゃないです。それから実際に動き出す行動力。本物のビジネスパーソンです。