【HIPHOP】スラングのBeef(ビーフ)の由来

HIPHOPなどでは、よくBeef(ビーフ)というスラングを使うことがありますが、Beef(ビーフ)とはいっても、別にHIPHOPのMCが全員牛肉大好き!!とか、そういった意味ではございません。

HIPHOPで使われるBeef(ビーフ)とはアーティスト間の喧嘩や揉め事のことで、喧嘩といっても、相手をフルボッコとかの喧嘩ではなく、歌詞(リリック)でディスりあったりするというのがほとんどです。(たまにガチの殴り合いが勃発する事もありますが。。。w)

こんな感じのことです。


 
では、そもそもなぜ争い事のことをBeef(ビーフ)というんでしょうか。

一説によると、1984年アメリカのファーストフードチェーン『Wendy’s(ウェンディーズ』のCMで、競合のマクドナルド等よりも牛肉のパテが多いですよ!というアピールから、CMの中でおばさんが「Where’s the beef?(肉はどこにいったの?)」と言ったのが語源だと言われています。

このCMですね。


 
CMの中で競合を軽くディスる所は、アメリカらしさが出ていて面白いです。

ちなみに「Beef(ビーフ)」というワード、海外のHIPHOP情報サイトとかで翻訳機能を使うと、、、

全て「牛肉」と表示されてしまいますw

BOSS侍
Facebookページ