【NBA】職人技が光る!キャブス優勝時のチャンピオンリングの製作工程

championring
画像は全てYouTubeより

チャンピオンリングとは、アメリカのプロスポーツ「MLB」「NFL」「NBA」などで、そのポストシーズンを制した際に制作される指輪のことなのですが、2016年のNBA覇者、レブロン・ジェームス率いる『クリーブランド・キャバリアーズ』が優勝した時のチャンピオンリングの制作工程を収めた動画が公開されました。


 
まずは、イメージを紙に起こしていきます。

そのイメージをPCで修正しながら形を確定させていきます。

完成した枠のデザインを3Dプリンタで出力します。

 
リングの形としては、ほぼ完成です。

湯道付けをします。

そして、石膏で固めて鋳型を形成していきます。

ワックス樹脂で3Dプリントされているので、数時間加熱すると鋳型の内部に空洞ができる為、そこに液状に溶解された金属を流し込んでいきます。

そこからの工程は手作業で、ダイヤを埋め込んだり、

 

 
キャバリアーズのロゴの部分。

最終工程で研磨をかけて洗い流すと、

完成です。

職人技です。2017年の覇者にもチャンピオンリングがあると思いますが、その裏に職人の技があるということを思い出せたら最高ですね。

BOSS侍
Facebookページ