ジャマイカ独立55周年に伴い、MERRY JANE Presents Jamaica WeekにBeenie Man(ビーニ・マン)が登場

beenie man
出典:YouTube

8月6日はジャマイカの独立記念日。1962年の8月6日に英国の植民地支配から解放され、独立を果たしてから今年の8月6日で55周年になります。
 
国土面積は日本の秋田県ほどという小さな島国から、全世界にインパクトを与えるレゲエという音楽を創り出すジャマイカ。そんなジャマイカに敬意を表し、YouTubeチャンネルでMERRY JANEが、『MERRY JANE Presents Jamaica Week』をお届け。
 
ジャマイカ独立記念日の一週間を、MERRY JANEはジャマイカの人々や音楽、食べ物からラスタファリアの宗教、大麻文化などにフォーカスをあて、配信されます。


そして、第一弾のゲストとして登場したのが、言わずと知れた “キング・オブ・ダンスホール” の異名を持つBeenie Man(ビーニ・マン)。動画では自身の音楽キャリアやヒットソングの作り方などを語ったり、「好きなガンジャチューンは?」という質問にPeter Tosh(ピーター・トッシュ)の “Legalize It” (解禁せよ)と答え、少し歌っている様子も確認できます。

また、ジャマイカで圧倒的人気を誇るファストフード店 “KFC” についてのビデオも公開。

レゲエ好きは『MERRY JANE Presents Jamaica Week』を観ながら、レゲエを聴いてジャマイカにリスペクトを捧げる一週間にしてみはいかがでしょうか。