『ウォーキング・デッド』の世界が到来!?そんな時に備えておきたい10のアイテム

If the world of Walking Dead
 

大人気の海外ドラマ『ウォーキング・デッド』!!

『ウォーカー』と呼ばれるゾンビがあふれた世界で、主人公のリック・グライムズ率いるコミュニティが、『ウォーカー』や敵対してる組織と戦いながら生きていくという内容で、普通のゾンビものと違って、その世界に生きてる人間達のとる描写などが、とてもよく描かれているドラマです。

『ウォーキング・デッド』ファンなら一度は、「実際こういう世界になってしまったら自分はどう生きていくんだろう?」と考えたことがある方も多いはず。

今回は、「もしも『ウォーキング・デッド』の世界が到来してしまったら?」というテーマで、ドラマの中のタフガイのように戦って生き延びる為のアイテムではなく、あくまでもパンピーが”あの世界”になった時、逃げ抜いて生きていく為に備えておきたい10のアイテムを紹介していきます。

ドラマの中のように『ウォーカー』と戦うなんて普段から鍛えてる人でない限り不可能です!!なので、『ウォーカー』に捕まったら諦めるんだ!!w

 

まずは逃げる!!

『ウォーキング・デッド』の世界になれば、長距離移動は当たり前。『ウォーカー』と遭遇することも日常茶飯事。

そんな時のために、疲れにくく、走ることもできるスニーカーは必須です。
[アシックス] ランニングシューズ GT-2000 NEW YORK 4

日本人の足にフィットする、日本人による日本人のためのランニングシューズ、『アシックス』!!
 
『ウォーカー』から逃げてる途中で息があがってしまった時はこれ!!
イワタニ(Iwatani) ピュア 酸素缶 10本セット NRS-1

とりあえず10本もあれば安心です!!
 

食べ物や水を確保する

生きていく以上、水や食料は最重要!!自給自足は必須となってくるでしょう。

まずはどんなものが食べられるか。野草だって食べられるんです。知識は重要です。
道草を喰う (ぶんか社文庫)

1000リットル浄化可能な携帯用浄水器。安全な水の確保に!!
LifeStraw(ライフストロー) 携帯用 浄水器

運よく缶詰をゲットできたとしても開けられなければ食べられません。サバイバルでの調理に便利なものが1つにまとまって便利なやつがこちら。
VERTEX 20徳ツールナイフケース付

 

暖をとる

『ウォーキング・デッド』の世界となれば、安全な住居に期待してはいけません。野宿も当たり前に経験することでしょう。そんな時は雨風をしのぎ、暖をとる必要があります。

Alleygem エマージェンシー ブランケット 大判 160×210cm

セットになってるので4人家族でも安心な非常用ブランケット。

火起こしには、濡れたら使えないライターよりもこちらが確実!!
[リベルタ]LIBERTA 火打石

 

なんなら電気もほしい

贅沢かもしれませんが、どんな世界になっても、電気はほしい!!

そんな時は、ポータブル電源+ソーラー充電ぐらいは持っておくと安心ですね。
suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Wh

suaoki 50W ソーラーパネル

 

道具の持ち運び

サバイバルの道具を持ち運ぶには大容量のバッグが必要です!!手持ちは疲れるので、大容量のリュックがオススメ!!
KAKA アウトドア リュックサック 40L

【番外編】お金に余裕がある人はこちら

pinterest
その名もGlobecruiser Family 7500(グローブクルーザー・ファミリー7500)

全長9.9メートル。重量17.9トンという、装甲車のような見た目のキャンピングカー!!240ワットのソーラーパネルで発電し1,000リットルの新鮮な水も搭載可能です!!

さらに車内にはエアコンはもちろん、床暖房やキッチン、シャワーやトイレなど、なんでも揃った優れもの!!
pinterest
これさえあれば、『ウォーキング・デッド』のような世界で生き残った人の中でも、他とは違う優雅な暮らしが送れること間違いなしです。

価格は63万ポンド(約8,750万円)。。。※日本円換算は記事執筆時のものです。

詳細はhttp://www.actionmobil.com/をご覧ください。

以上、『ウォーキング・デッド』の世界が到来してしまったら、という前提で10のアイテムを紹介していきました。あのような世界でなくとも、震災などの影響でサバイバルを余儀なくされる場面が出てこないとも限りません。

“備えあれば憂いなし”です!!