フリースタイルダンジョンも良いけど、サウンドクラッシュも熱い!

soundclash
出典:Instagram

SOUND CLASH(サウンドクラッシュ)ってご存知でしょうか?昨今は日本でもフリースタイルダンジョン高校生ラップ選手権の影響もあり、HIP HOPの中の1つのカルチャーである、フリースタイルMCバトルが注目されていますが、SOUND CLASH(サウンドクラッシュ)とはReggae(レゲエ)を語る上で欠かせないカルチャー、「音と音の戦争」です。音と音の戦争??という感じだと思いますが、簡単に言うと曲をかけるDJと喋りでオーディエンスを盛り上げるMCが1つのサウンド(チーム)となっている形態(1人の場合もある)のサウンド同士で曲を掛け合ってどっちのサウンドがヤバいかを決めるというもの。そして、他の音楽のジャンルには無いかっこいい文化が普通の曲をかけるのではなく、DUB PLATE(ダブプレート)という曲をかけるんです。聴いてみたほうが早いと思うので。

AIのハピネス。こちらが原曲です。


 

そして、こちらが日本代表で何度も世界一を取っているサウンド「Mighty Crown」のハピネスDUB PLATE(ダブプレート)。


歌手本人に、応援歌的な替え歌を唄ってもらう。そのサウンドしかかけられない世界で1つだけの曲をかけるわけです。サウンドクラッシュでかけるDUBはその日用に録ってきて相手のサウンドをDisる歌詞も入れ込んだDUBをかける。そのやり合い。しびれます!

 

そして、今回World Clash 2017(ワールドクラッシュ)に出場する日本代表を決定するために、JAPAN RUMBLE-The Road to World Clash 2017が10月29日(土)に開催されました。出場したサウンドはBLAST STAR・EMPEROR・FUJIYAMA・KING JAM・SWEETSOPの5サウンド。その模様が全部収録されている動画がこちら。


※この先ネタバレになるので、結果を見たくない方は動画でチェックして下さい。

3時間45分とかなり長い動画ですが、見て欲しいです。ドラマがあります!たまらんです!

バトルの形式としては、1RONND目は5サウンド全てが10分ずつプレイ。脱落するサウンドはなし。2ROUND目も同じく5サウンドが10分ずつプレイ。しかし、2ROUND終了後に脱落して欲しいサウンドをオーディエンスが決めて、4サウンドに絞られます。そして、3ROUND目終了後に、3サウンドに絞られ、4ROUNDで最後に残る2サウンドを決めます。最後は残った2サウンドでTUNE FI TUNE(チューン・フィ・チューン)という戦い方で、お互い10曲を1曲ずつ掛け合って、先に6曲取ったほうが勝利という内容。アツい激闘の末、優勝を勝ち取ったのが、FUJIYAMAサウンド!!FUJIYAMAサウンドは94年に愛知県の三河にて結成されたベテランサウンド。2017年に開催されるWorld Clashで是非とも優勝して欲しいです。日本のレゲエがアツい事を証明して下さい!!