ミシガン大学『Fab 5』のAir Jordan 5 PEから見る、アメリカに於ける大学スポーツの人気

Air Jordan 5 PE
出典:Instagram

ジョーダンブランドから“Fab 5”に敬意を評したモデルAir Jordan 5 PEが登場したことが、DJ Khaled(DJ キャレッド)と、アメリカの俳優Mark Wahlberg(マーク・ウォールバーグ)が自身のSNSにアップしたことから分かりました。
 
デザインはAir Jordan 5 T23を彷彿させる仕様になっており、ミシガン・ウルヴァリンズのチームカラーでもある、黄色と黒を基調としたカラーリングです。シュータンにはミシガン大学の“M”が入っており、裏には同校の応援歌である「Hail to the Victors」の文字が入り、ヒール部分には“Fab 5″のロゴが刻印されています。

👀 #STILLINTHEMEETING MORE @jumpman23 PON YOUR HEAD TOP! #WETHEBEST #GRATEFUL

DJ KHALEDさん(@djkhaled)がシェアした投稿 –

Jumpman, jumpman, jumpman, them boys up to something. @jumpman23

Mark Wahlbergさん(@markwahlberg)がシェアした投稿 –


 
今回コラボとなった“Fab 5”とは、ミシガン大学のバスケットチームが1991-92シーズンにスターティングメンバーの5人が全員1年生だったことから、「驚異の5人」という意味から付いた愛称で、NCAAトーナメントでファイナル進出するなど、全米で話題となり一世を風靡した5人なんです。
 
また、人気の原因は実力だけでなく、プレーのエンターテイメント性と、ダボっとしたユニフォームに黒のソックスと黒のエアフォースマックスで揃えたファッション性彼らの魅力でもあったわけです。
pinterest
pinterest
 
アメリカにおけるスポーツビジネスは世界の最前線だと思いますが、それはプロリーグに限ったことではなく、大学スポーツも巨大ビジネスとして成立しています。
 
2014年にはスポーツビジネスを専門としているニューヨークの大学の准教授が、アメリカ大学における全スポーツの年間収益が、NBA(バスケットリーグ)とNHL(アイスホッケーリーグ)の年間収益を足したものよりも多いと発表し、話題になりました。
 
日本でも箱根駅伝六大学野球などをコンテンツ化し、スポーツ産業として成長させて行くことが出来れば、ファッションブランドや音楽とのコラボなど、面白い企画が出てくるかもしれません。