ボブ・マーリーの孫、ニコ・マーリーがアメフトリーグ “NFL” 入りを果たす!!

nico marley
出典:Instagram

Bob Marley(ボブ・マーリー)の孫、Nico Marley(ニコ・マーリー)がNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のワシントン・レッドスキンズと17日に契約したことが分かりました。
 
ニコ・マーリー自身のInstagramでも署名している様子を公開しています。

Blessed to officially be apart of the @redskins organization!

Nico Marleyさん(@nico2marley)がシェアした投稿 –


ニコは大学時代、小柄ながらも1年生の時から先発出場を果たしており、カレッジ通算で49試合に出場。また、チーム歴代最多となる319タックルをマークするなどの成績を残し、チームを牽引してきました。
 
ニコの父親であるローハン・マーリーは、オーディオブランドの “HOUSE OF MARLEY” をプロデュースしていることで有名ですが、大学時代はマイアミ大学の元アメフト選手として活躍していたことでも知られています。その時のチームメイトには、米俳優のドウェイン・ジョンソンも在籍していたんだそう。
 
また、ニコは2014年のSports Illustratedのインタビューで、 “自分の人生は自分で切り開く。家族の名前に頼ってはいけない。” と答えています
 
音楽一家に生まれた、ボブの息子たちもミュージシャンだけでなく、俳優やブランドプロデュースなど活躍の幅が広いですが、孫の代にはNFLに入るプロスポーツ選手まで出てきました。人生で “何か”を成し遂げる必要性を見出し、結果を残す。
 
マーリー家に生まれるものの宿命なのかもしれません。

BOSS侍
Facebookページ