没後20年。Biggie(ビギー)ことThe Notorious B.I.G.を振り返る

出典:Instagram

Biggie(ビギー)ことThe Notorious B.I.G(ノトーリアス・B.I.G.)はHIPHOP東西抗争によって、20年前の今日、3月9日に銃弾に倒れました。

2Pacときたらやっぱりビギー!?ノトーリアス・B.I.G.の車もオークションで出品

2017.03.04

当時ビギーが所属していたレーベル『バッド・ボーイ』のドン、Diddy(ディディ)ことSean Combs(ショーン・コムズ)はInstagramにて以下のようなコメントをあげています。


訳:「20年前の今日、俺たちはThe Notorious B.I.G.という最高のラッパーを失った。俺たちは彼の音楽と今日まで彼の遺したものを通して彼の人生を祝っている。みんな俺をタグ付けし、ハッシュタグ#WeMissYouBIGを使用してお気に入りのビギーの詩をラップしてくれ!!」

没後20年ということで、ビギーの名曲をサンプリングの元ネタも含め、振り返っていきましょう。

The Notorious B.I.G. – “Juicy”

ビギーのデビューアルバム『Ready to Die』からの最初のシングル曲。
 
元ネタはこちら。

Mtume – Juicy Fruit

 

The Notorious B.I.G. – “Big Poppa”

こちらもアルバム『Ready to Die』より。

だいぶ古い映画ですが、キアヌ・リーブス主演の映画「陽だまりのグラウンド」では、ピッチャーの少年がこの曲を聴くとばんばんストライクが入るようになるシーンが描かれてます。
 
この曲の元ネタはこちら。

Isley Brothers – Between The Sheets

 

The Notorious B.I.G. – “One More Chance”

またまたアルバム『Ready to Die』より。1枚のアルバムに名曲がいっぱいです。
 
元ネタはこちら。

DeBarge- Stay With Me

 

The Notorious B.I.G. – “Hypnotize”

ここからはセカンドアルバム『Life After Death』の収録曲。この曲はビギーの本拠地であるブルックリンでの葬儀の際にかけられ、ヘッズの興奮が高まり、現場では警察が出動する騒ぎにまでなっています。

 
元ネタはこちら。

herb alpert – rise 1979

 

The Notorious B.I.G. – “Mo Money Mo Problems”

Diana Ross(ダイアナ・ロス)の”I’m Coming Out”とラップの組み合わせがたまりません。
 
その元ネタがこちら。

Diana Ross – I’m Coming Out

 

The Notoroius B.I.G. – “Sky’s The Limit”

心地いい112(ワントゥエルブ)の歌声と見事にマッチした曲。MVの少年、ビギーそっくりです。
 
元ネタはこちら。

Bobby Caldwell – My Flame

 

彼の死後20年ということで、生前のビギーを思い出させるために、地元ブルックリンのスーパーでは100枚限定で、ビギーがデザインされた紙袋を出しているらしいです。

20年経った今でも影響力半端ないです!!本当偉大です!!

We Miss You BIG

 

BOSS侍
Facebookページ